佐賀県鹿島市の生涯学習センター「エイブル」は、
ホールの貸出し、設備レンタル、イベントなど随時開催している文化施設です。

お知らせ

ホーム > お知らせ

お知らせ

終了展示

能古見が生んだ水墨画の巨匠 雲谷等顔 展 ~前期展示~

能古見が生んだ水墨画の巨匠 雲谷等顔(うんこく とうがん) 展 ~前期展示~

[期間] 平成30年10月2日(火) ~ 12月24日(月) 

前期: 10/ 2(火)~11/11(日)

後期: 11/13(火)~12/24(月)

[場所] 鹿島市生涯学習センター・エイブル 2階 床の間コーナー

[主催] 一般財団法人 鹿島市民立生涯学習・文化振興財団

 

雲谷等顔は萩藩毛利家の御用絵師で、雲谷派の祖にして、桃山画壇の巨匠です。

天文16年(1547年)に肥前国藤津郡能古見城主、原豊後守直家の二男として生まれたと伝えられています。

京都で画業修行に励み、安芸を本拠とする戦国大名毛利輝元に召し抱えられます。雪舟の『山水長巻』(毛利博物館蔵)と雪舟の旧居『雲谷庵』(山口市)を与えられ、雪舟の正当な継承者として雲谷派を立ち上げました。京都にもたびたび赴き、大徳寺など大寺院の襖絵も制作しています。元和4年(1618年)、72歳で没しています。

本年は、雲谷等顔没後400年にあたり、佐賀県立博物館・美術館の協力を得て、等顔の作品を展示します。前期は「山水図屏風」です。

なかなか観ることのできない貴重な作品をこの機会に、ぜひご鑑賞ください。

なお、12月2日(日)には、山口県立美術館で開催される「没後400年雲谷等顔展」の見学ツアーも予定しています。

☆ギャラリートークを開催しました☆

【日時】10月28日(日)10:00~12:00

【場所】エイブル3階 研修室

【演題】「雲谷等顔について」

【講師】福井 尚寿さん

(佐賀県立博物館・美術館 副館長)

後日レポートを公開いたします。

 

≫ 続きを読む

床の間コーナー 2018/10/02エイブル

NHKラジオ番組「民謡をたずねて」公開収録 観覧者募集、終了しました。

NHKラジオ番組「民謡をたずねて」公開収録 観覧者募集、終了しました。

 鹿島市とNHK佐賀放送局では、「民謡をたずねて」の公開収録を実施します。この番組は、日本を代表する民謡歌手が、地元をはじめ全国各地の民謡の魅力をたっぷりと紹介する番組です。

観覧希望の申込みは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

日 時 平成30年12月14日(金)

    午後6時30分~午後8時30分

    (開場/午後6時)

会 場 鹿島市生涯学習センター エイブルホール

    (佐賀県鹿島市大字納富分2700-1)

主 催 鹿島市、NHK佐賀放送局

※申込み受付けは終了しました。

入場は無料ですが、入場整理券が必要です。

郵便往復はがき(私製を除く)の「往信用裏面」に、①郵便番号 ②住所 ③名前 ④電話番号を

「返信用表面」に、①郵便番号 ②住所 ③名前を明記してお申し込みください。

詳細は下記掲載チラシをご覧ください。 

★出 演

 〈歌 手〉鎌田 英一、渕 英詔、須藤 圭子、

       武花 千草、有田 伊津美、平山 美里

 〈三味線〉二代目 藤本 琇丈、藤本 秀統

 〈津軽三味線〉椿 正範

 〈尺八・笛〉篁 竜男

 〈鳴 物〉美波 駒和美、美波 駒旵美

 〈はやし詞〉西田 美和、西田 和美

★司 会 後藤 康之アナウンサー(NHK佐賀放送局)

≫ 続きを読む

エイブル事業 2018/10/15エイブル

言葉が育つとき

子どもの言葉は、互いの気づきの中で豊かに伸びやかに育っていきます。

 毎月一回行われる幼稚園のお誕生会。保護者は、我が子の晴れ姿、成長の証として一目見ようと参加してくださいます。

 さて、誕生会のメイン行事、一人一人へのインタビュー、一番注目される場面です。

 おうちでインタビューを何度も練習、でも何度聞いても「仮面ライダーゴーストになりたい。」と答えるA君。でもママは、もう年長組なので「えーっ、なんでゴースト」とちょっと不満そう。

きっと、サッカー選手とか野球選手と答えてほしかったようです。ゴーストじゃ、現実離れしていると思ってしまったのでしょう。

そこでいよいよ本番のインタビュー、A君の番です。すると、いつも元気なA君、自信なく小さな声で「ゴースト」とつぶやきます。

そこで、先生はA君に近寄って行って一緒になって「ゴースト」とはっきり、みんなに伝えます。それを聞いたみんなは、「ゴーストだね。Aちゃん好きなんだよね。いいねー。」と答えてくれます。A君はニコニコ笑顔です。

そしてママは、うちに帰ってからA君に尋ねます。「どうして元気がでなかったの」と。すると「へんだよって言ったから」とつぶやきます。そのことからママは気づきます。自分が原因だったと。

先生や友達はみんなA君のことを知っていて受け入れてくれているのに、自分だけが受け入れていなかったと気付いたのです。

こんな気づきの中で、子どもの言葉は、幼稚園の先生、友達、おうちの人の中で豊かに伸びやかに育っていきます。 (幼小連絡会の記憶より)

 

                 エイブルの木11月号「エイブルからこんにちは」より

                                 館長  永池 守

 

 

≫ 続きを読む

館長コラム 2018/10/16エイブル
タグ:お知らせ

終了しました。『エイブルからのクリスマスプレゼント』 “えいぶるえいが for キッズ”

終了しました。『エイブルからのクリスマスプレゼント』

“えいぶるえいが for キッズ”

終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

子ども向けの「えいぶるえいが for キッズ」は、今年も懐かしのアニメ短編集を無料上映します。乗り物をテーマにしたディズニー作品や、トムとジェリーの短編集、1時間程度の2プログラムを各3回ずつ上映します。

日 時 平成30年12月16日(日)

    10時~上映開始 (開場/9時30分)

会 場 鹿島市生涯学習センター エイブルホール

    (佐賀県鹿島市大字納富分2700-1)

全席自由・要整理券

※整理券はチラシの裏、および当日窓口にもあります。

『ディズニーの楽しい仕事』 8本立て58分        

1.ミッキーの消防隊

2.ドナルドのモダン・タイムス

3.グーフィーの大仕事

4.ドナルドの灯台守

5.ミッキーの造船技師

6.ドナルドの共同経営

7.ミッキーの魔術師

8.ドナルドの森林警備隊

『トムとジェリー作品集』 9本立て62分

1.人造ネコ

2.夢と消えたバカンス

3.お家はバラバラ

4.恐怖の白ネズミ

5.ジェリーとジャンボ

6.パパの教育

7.おかしなアヒルの子

8.インディアンごっこ

9.トム氏の優雅な生活

≫ 続きを読む

エイブル事業 2018/11/09エイブル

終了企画

「没後400年雲谷等顔展」と瑠璃光寺を巡る見学バスツアー

「没後400年 雲谷等顔展」と瑠璃光寺を巡る見学バスツアー

「没後400年 雲谷等顔(うんこくとうがん)展」と瑠璃光寺を巡る見学バスツアー参加者募集 ! !

お申込みが定員に達しましたので、現在キャンセル待ちとなっています。

雲谷等顔は、天文16年(1547年)に現在の鹿島市能古見で生まれたといわれています。戦国大名毛利輝元に召し抱えられ、雪舟の正当な継承者として雲谷派を立ち上げた桃山画壇の巨匠です。雲谷等顔の作品を観に山口市を訪ねてみませんか。

 

【日 時】 2018年12月2日(日)

【集 合】 鹿島市周辺から参加される方は、エイブル前駐車場に7時50分集合 8時出発

      佐賀市周辺から参加される方は、佐賀新聞社前に8時50分集合 9時出発

【行 程】 鹿島 → 佐賀 → 瑠璃光寺(参拝・昼食)→ 山口県立美術館 → 佐賀 → 鹿島

※佐賀新聞社前には18時半、エイブルに19時半 帰着予定です。帰着時刻は前後する場合があります。

【参加費】 エイブル倶楽部会員 : 7,300円   一般 : 8,300円

※参加費には、保険料、昼食代、美術館入館料が含まれています。 現在、エイブル倶楽部会員でない方も入会していただくと1,000円引きになります。

詳しくは、エイブル事務局までお問い合わせください。

【申込方法】 エイブル2階 事務局に直接お越しいただくか、 0954-63-2138 までお電話ください。

【申込期間】 10月10日(水)~11月20日(火) ※定員(35人)になり次第、締め切らせていただきます。

 

★金子  剛(かねこ たかし)さんの作品解説

より深く作品を鑑賞できる、雲谷等顔についての解説を車中で開催します。

【演題】 「雲谷等顔について」

【講師】 金子 剛さん 

     日展会友、東光会常任審査員、佐賀県美術協会顧問、鹿島美術人協会顧問。

2006年の「佐賀県芸術文化賞」受賞をはじめとして東光展において数々の賞を獲得、2016年には地域文化功労者文部科学大臣表彰を受けた。

★見どころ①★ 山口県立美術館

「山口県の特色を発揮する郷土色豊かな美術館」「県民が参加する開かれた美術館」を基本方針に掲げ、昭和54年(1979年)に開館した。34年ぶりに史上最大規模の等顔回顧展を開催。水墨画の表現を極めた等顔の画業の全貌に迫る。

☆当日、美術館学芸員によるプチ ギャラリートークあり☆

★見どころ②★ 瑠璃光寺 五重塔

大内氏26代盛見が、兄の25代義弘の菩提を弔うため、五重塔の建立を計画。嘉吉2年(1442年)に完成したといわれている。全国に現存する五重塔のうちで10番目に古く、美しさは日本三名塔の一つ。室町中期における最も秀でた建造物と評されている。

≫ 続きを読む

床の間コーナー 2018/11/10エイブル

前回展示

能古見が生んだ水墨画の巨匠 雲谷等顔 展 ~後期展示~

能古見が生んだ水墨画の巨匠 雲谷等顔(うんこく とうがん) 展 ~後期展示~

[期間] 平成30年10月2日(火) ~12月24日(月) 

 前期: 10/ 2(火)~11/11(日)

 後期: 11/13(火)~12/24(月)

[場所] 鹿島市生涯学習センター・エイブル 2階 床の間コーナー

[主催] 一般財団法人 鹿島市民立生涯学習・文化振興財団

 

雲谷等顔は萩藩毛利家の御用絵師で、雲谷派の祖にして、桃山画壇の巨匠です。

天文16年(1547年)に肥前国藤津郡能古見城主、原豊後守直家の二男として生まれたと伝えられています。

京都で画業修行に励み、安芸を本拠とする戦国大名毛利輝元に召し抱えられます。雪舟の『山水長巻』(毛利博物館蔵)と雪舟の旧居『雲谷庵』(山口市)を与えられ、雪舟の正当な継承者として雲谷派を立ち上げました。京都にもたびたび赴き、大徳寺など大寺院の襖絵も制作しています。元和4年(1618年)、72歳で没しています。

本年は、雲谷等顔没後400年にあたり、佐賀県立博物館・美術館の協力を得て、等顔の作品を展示します。

後期11/13(火)~12/24(月)は、雲谷等顔の達磨図(掛軸)や、雲谷派を継承した、息子の雲谷 等益(とうえき)、孫の雲谷 等璠(とうばん)の掛軸も展示します。どの作品も鹿島では初めての展示です。

雲谷派継承の流れを感じられる展示をぜひ、ご覧ください

なお、山口県立美術館で開催される「没後400年雲谷等顔展」の12月2日(日)の見学ツアーは定員に達し、現在キャンセル待ちになっています。

☆ギャラリートーク終了しました。☆

【日時】10月28日(日)10:00~12:00

【場所】エイブル3階 研修室

【演題】「雲谷等顔について」

【講師】福井 尚寿さん

(佐賀県立博物館・美術館 副館長)

後日レポートを公開いたします。

 

≫ 続きを読む

床の間コーナー 2018/11/13エイブル

大童(おおわらわ)

大童の語源を知ると意外な事実!敗戦間際の武士のざんばら髪のことらしい。

 

大童(おおわらわ)

 昔は、元服すると、髪を結うことになっていました。それが成人したしるしだったのです。そして、子どもの間は、髪を垂らしていました。これを童髪(わらわがみ)といいました。

 武士が戦などで大奮闘して、髻(もとどり)がとれたり、兜(かぶと)が脱げたりして、ざんばら髪になることを大童(おおわらわ)といいます。

 大きなおかっぱ頭といったところでしょうか。

 さて、師走を迎え、忙しい毎日、大童でがんばっていませんか。

 そんな時、髪の毛を振り乱したものすごい形相の武士を想像してみてください。思わす、ふっと、我に返ることができるのではないでしょうか。刀は折れ、矢も尽き、思わす倒れそうな武士に自分を重ねてみてください。ちょっと、笑いがこみあげてきませんか。

 武士が大童になるときは、たいてい敗戦が濃厚な時です。

 「あいもせんば、こいもせんば、ああ、どぎゃんしゅうかにゃ!」と年の瀬に時間と格闘している大童の我が身、まさに敗戦濃厚!

 敗戦間際の武将にならないように、余裕をもって、やがて来る年を、あれもしよう、これもしようとみんなで笑って楽しく迎えたいものです。

どうぞ、忙しさを相手に、玉砕しないでくださいね。

                エイブルの木12月号「エイブルからこんにちは」より

                                 館長  永池 守

≫ 続きを読む

館長コラム 2018/11/22エイブル
タグ:お知らせ

正念場(しょうねんば)

正念場~本当の自分を演じるとき~                              それぞれの正念場、本当の自分を演じる時と思い、一番自分らしく堂々と、この一年を乗り切ってください

正念場(しょうねんば)

~本当の自分を演じるとき~

歌舞伎や浄瑠璃では、役の性格や心の持ち方のことを「性根(しょうね)」といいます。そして、性根の深いところまで汲み取って、じっくり表現する場所が「性根場」。

一番の重要な見せ場です。それに、仏教用語の「正念」が結びついてできたのが「正念場」だといわれています。

 仏教用語の「正念」は、雑念を払い、真理を求める心をいつまでも忘れないことで、平常心と置き換えられることもあります。

 誰でも、ここが正念場と思えば、何が何でもがんばろうとします。でも、本来の意味からすれば、無理して、踏ん張るところではなく、つまり、役者ならその役になりきる。自分なら、本来の自分になりきればいいのです。

 いつもと違うように頑張ってしまうことは正念場にはふさわしくないのかもしれません。

 しかし、わが身を振り返ると、大勢の人まえや何か事が起きた時には、上手くやろうと頑張り過ぎて、平常心ではいられません。心臓の鼓動が高鳴り、無駄に力んだり、緊張したりしてしまい、大失敗したことが山ほどあります。その度に、もっとしっかり落ち着いておけばよかったと反省しきりです。

それぞれの正念場、本当の自分を演じる時と思い、一番自分らしく堂々と、この一年を乗り切ってくださいね。

                エイブルの木  1月号「エイブルからこんにちは」より

                                 館長  永池 守

 

 

 

≫ 続きを読む

館長コラム 2018/12/18エイブル
タグ:お知らせ

終了しました。エイブル倶楽部会員限定『三遊亭竜楽 独演会』

終了しました。エイブル倶楽部会員限定『三遊亭竜楽 独演会』

終了しました。満員のご来場ありがとうございました。

6カ国語を駆使する国際派落語家、三遊亭竜楽師匠の独演会が、急遽決定しました。

エイブル倶楽部会員限定、無料事業として、12月22日(土)に開催する事となりました。

日 時 12月22日(土)

     開演18時30分 (開場/18時)

場所/エイブル1階  エントランス

エイブル倶楽部会員限定事業

会員無料 要整理券 先着順

※整理券11月25日(日)配布開始。枚数限定。なくなり次第終了します。

※非会員の方は当日までにご入会ください。

三遊亭 竜楽

◆プロフィール◆

《経歴》

昭和61年 三遊亭円楽に入門

平成元年 二つ目に昇進

平成4年 真打ちに昇進

《受賞歴》

平成3年度「にっかん飛切落語会若

手落語家奨励賞(努力賞)」受賞

平成 4年度 同賞を連続受賞

平成 5年度 国立演芸場より「花形演

芸会・銀賞」受賞

平成13年度 国立演芸場より「花形

演芸大賞銀賞」受賞

≫ 続きを読む

エイブル事業 2018/12/23エイブル

生きる

瀬戸内寂聴さんの鹿島市での講演記録より 一日一日を誠実に、自分に優しく、人にも優しく!

~ 生きる ~

三〇年程前、鹿島市で、瀬戸内寂聴さんが女性を対象に講演された、「生きるよろこび」と題したお話の中で、次のように語られています。

「・・・人が生きるということは、自分の中に与えられている、自分の気づかない、先祖からもらった可能性の芽を発掘し、大輪の花を咲かせることだと思います。普通の奥さんになり主婦として子供を育てる。それで花を咲かせていることになるの?と思っている人がいるかもしれませんが、有名になったり、ミンクのコートを着たり、ダイヤの指輪をつけることではなくて、周囲の人たちや町の人たちに「あの人に会うと心が和むね。」といわれるような、そんな存在になることだと思います。自分にできるだけ誠意をこめ、自分の生活を大切にし、生き、周囲の人にも愛をふり注ぐ。そういうことが人間として生きる最高の喜びと考えます。・・・」

格差社会と言われて数十年。

私たちは、どのように、この世間を渡っているのでしょうか。

巷には「自己責任」という言葉が幅を利かせ、なぜか不寛容になってきたように思うのは私だけでしょうか。

経済最優先の中で「人が生きる」とは、どういうことなのか、もう一度、想像しなおしてみるのもいいかもしれません。

「びりの子の貰う拍手や風光る」の句が持つ味わいのようなものがあれば、少しは救われますね。

                                               エイブルの木2月号「エイブルからこんにちは」より

                                 館長  永池 守

 

≫ 続きを読む

館長コラム 2019/01/21エイブル
タグ:お知らせ
 |