佐賀県鹿島市の生涯学習センター「エイブル」は、
ホールの貸出し、設備レンタル、イベントなど随時開催している文化施設です。

お知らせ

ホーム > お知らせ

お知らせ

雨乞い

雨乞いは、世界共通の神頼み!鹿島には、「おしまさん」参りという風習があります。

雨乞い

日照り続きで農作物が被害を受けるのを恐れ、われわれの祖先はいろいろな方法の「雨乞い」をして神仏に祈ってきました。

例えば、①お籠り(神社にこもって夜通しお祈りをする)②鐘を打ち鳴らし雨乞い踊りをする③霊力のある神社の水をもらい、その水をまき散らす④神に汚物を投げつけたり、地蔵を逆さ吊りにしたりして神を怒らせる⑤千駄焚き(山頂で大火をたく)をする、などが知られており、外国でも似たようなことが行われているようです。

先月の水不足で、鉦を鳴らし獅子舞を奉納したニュースがあり、『苦しい時の神頼みー雨乞いー』がなされていました。

鹿島では、江戸時代、干ばつに見舞われたときに、『おしま』という娘が、雨が降ることを願って有明海に身を投げ、その身を村人達が沖ノ島で見つけ、涙を流した途端に、雨が降り出したという伝説が残っています。

『沖ノ島参り』(おしまさん参り)は、おしまの命日である旧暦の六月十九日に、船に乗って沖ノ島へお参りに行っていたことが始まりになっているそうです。

今は、大漁豊作、航海安全も祈願して行われ、納涼ふるさと七浦夏まつりとしても賑わっています。

最近は異常気象が続いており、四十度近い高温な日が続きます。

雨乞いをしないで済むように願いたいものですね。

                  エイブルの木8月号「エイブルからこんにちは」より

                                   館長 永池 守

≫ 続きを読む

館長コラム 2019/06/15エイブル
タグ:お知らせ

喫煙場所変更のお知らせ

喫煙場所変更のお知らせ

エイブルは市民図書館、保健センターを併設しており、常に児童生徒が来館し、乳幼児の健診なども行っています。

2019年7月1日の「改正健康増進法」の施行に伴い、エイブルでは市民の健康増進のため、施設内禁煙から敷地内禁煙への転換を行います。

現在3か所ある敷地内喫煙場所を閉鎖し、7月1日から2階バルコニー奥の1か所のみを「特定屋外喫煙場所」といたします。

1階玄関前、2階窓口外、2階玄関前の喫煙所は、2019年6月30日をもって閉鎖いたします。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

≫ 続きを読む

新着情報 2019/06/19エイブル
タグ:お知らせ

白玉

貝の中の真珠は、異物を包み込んでできるもの。心の真珠は、心の中の異物(悩みや苦しみ)を取り込んで輝きだす。

白玉

月のしずく、天の露、人魚の涙、月の化身・・・「白玉」とは世界中で愛され、ロマンティックナ名前で呼ばれてきた真珠のことです。

「玉(ぎょく)」とは、宝石のことですから、真の宝石と思われていたのでしょう。実際、加工しなくても輝きを放っているのは真珠だけではないでしょうか。

今では、真珠といえば阿古屋貝(あこやがい)ですが、万葉のころは鮑(あわび)からとっていたそうで、鮑玉(あわびだま)とも呼ばれていました。

貝は、砂やごみなどの異物が入り込むと、それを何とかしようと分泌物を出します。その分泌物が異物を包み込むことで、真珠がうまれるそうです。

そこである人が言ったことを思い出すのが「苦しみや悲しみも心の中の異物のようなもの。その苦しみ悲しみと向き合っていくうちに、あなたの心に輝く真珠ができるかもしれません。」です。

なるほど、そう考えると、そうなんだと納得。平々凡々と過ぎ行く時間に身を任せるよりは、ちょっとは苦労や悩みに向き合うことも必要なんだと。

仕事や人間関係の悩みは、その時は正面から受け止めてしまい、つらいものです。仲間との語り合いと時間と自らの苦痛とで玉のように輝きだします。

まさに心の真珠ですね。

でも、私の真珠には棘あるのでしょう、時々ふっと痛みが走ります・・・。

                     エイブルの木9月号「エイブルからこんにちは」

                                  館長  永池 守

 

≫ 続きを読む

館長コラム 2019/06/19エイブル
タグ:お知らせ

カマキリが・・・

カマキリとの出会いが、その後を決める。小さいころの記憶が好き嫌いを作る

カマキリが・・・!

工藤直子の詩に『おれはかまきり』があります。

『おう なつたぜ/おれは げんきだぜ/あまり ちかよるな/おれの こころも かまも/どきどきするほど/ひかってるぜ/おう あついぜ/おれは がんばるぜ/もえるひを あびて/かまを ふりかざす すがた/わくわくするほど/きまってるぜ』この詩は、小学生に大人気ですが、私とカマキリの関係は、あまりよくありません。

保育園のころ、私は、よくカマキリにいたずらをしていました。

1メートルくらい離れたところから細長い棒で、カマキリをつつくと、カマを振り上げる姿が面白く、どんどん怒らせていました。

するとついにカマキリは下から私をじっと睨みつけ、私が動く方向へしっかり向き直るようになり、今にも飛びかかって来そうな気迫。

私は、にわかに怖くなって、棒を投げ捨て、家の中に入ってしまいました。

数十分してから、何かの用事で外に出たとき、木の枝の葉っぱの先にとまっていたカマキリを見つけました。すると、なんと!カマキリが威嚇のポーズをして立ちはだかっているではありませんか。

カマキリが仕返しに来たと思ったとたん、素早く走って逃げた記憶があり、それ以来、カマキリは、チョッと苦手になってしまいました。

これって、オウドウボウのヒケシボウでしょうか!。

                   エイブルからこんにちは「エイブルの木7月号より」

                               エイブル館長 永池 守

 

 

≫ 続きを読む

館長コラム 2019/06/20エイブル
タグ:お知らせ

案山子(カカシ)

案山子のいわれは、ちょっと意外。「カカシ」は「カガシ」からということらしい。

案山子(カカシ)

 稲刈りの季節がもうすぐやってきます。田んぼの畦道を歩くと、あちこちの田んぼには黄金色の稲がズシリと実っています。

 稲刈りシーズンになると案山子の役目も終わりになりますね。

でも最近は、その後に、案山子コンテストなるものがあり、時として本物の人と見間違えるような上手な作りの案山子があります。

かつて、区長さんを訪ねた時、田んぼのそばに座っているおばあさんがいたので、道を尋ねようと「すみませーん!」と声をかけ、反応がないので近寄ってみると、なんとカカシではありませんか。今思い出しても顔が赤くなります。

さて、このカカシの由来を調べてみると、カカシは、もともとは「カガシ」というそうです。この「カガシ」とは、人間の髪の毛を焼いたものを竹に挟んで立てたり、ボロ布やイワシの頭を焼いて、串に挟んで畦道に立てたり、その悪臭によって鳥や獣を近寄らせないようにしたものが起こりで、カカシは「カガシ」、つまり臭いものをかがせる意味があったようです。

このカカシが、現在のように人間らしい形に変わったのは、人に似せて鳥や獣を脅かすというよりも、むしろ田の神様として、田んぼの稲を守ってもらおうという気持ちの方が強かったようです。

                    エイブルの木10月号「エイブルからこんにちは」

                                   館長 永池 守

 

≫ 続きを読む

館長コラム 2019/06/21エイブル
タグ:お知らせ

終了しました。『フラメンコ en 鹿島』

終了しました。『フラメンコ en 鹿島』

『フラメンコ en 鹿島』終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

「フラメンコ en 鹿島」 のチケットは完売しましたが、当日は公演チケットのない方も 気軽に 参加できる楽しいイベントを行います。
スペインを味わうコーナーやフラメンコプチ体験コーナー、フラメンコ関連グッズの展示販売など、エイブル館内がスペイン一色になります。

踊り手のエル・フンコ、スサナ・カサスはじめ、本場スペインにおいて第一線で活躍中のアーティストたちが、七夕に鹿島市エイブルホールに集結します。本場スペインの素晴らしいフラメンコを是非ご堪能ください。

日 時 2019年7月7日(日)

全席指定  前売り券4月21日(日)発売

大人:3,500円、高校生以下:1,500円

*エイブル倶楽部会員各1,000引き。 当日は各500円増し

*前売券完売しました。当日券販売はありません

*車いす席あり(事前にお申し込みください)

*託児あり 要予約 6月15日(土)〆切

会 場 鹿島市生涯学習センター エイブルホール

    (佐賀県鹿島市大字納富分2700-1)

※チケットはエイブル2階事務局、佐賀市「ラ・アレグリア」さんで販売いたします。

≫ 続きを読む

エイブル事業 2019/07/08エイブル

終了しました。『ピアニカの魔術師』

終了しました。『ピアニカの魔術師』

『ピアニカの魔術師』終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

魔術師がピアニカに素敵な魔法をかけた!子どもたちの身近な楽器、“ピアニカ”の新たな魅力に出会えるコンサートです。

日 時:9月8日(日)開演14時(開場13時30分)

場 所:エイブルホール  全席指定

料 金:大   人:2,000円(会員1,500円)

     中・高校生:1,000円(会員 500円)

     小学生以下: 500円(小学生以下会員無料!!)

     ※当日各500円増し

発売日:会員先行:7月21日(日)10時から

      一  般:7月28日(日)

     ・車イス席あり(事前にお申込みください)

「ピアニカの魔術師」コンサートでは、一緒に舞台で演奏する「ピアニカ ワークショップ」と、コンサートのお手伝いをする「キッズ サポーター」の参加者を募集します。

 ピアニカ ワークショップ 参加者募集

「ピアニカの魔術師」ミッチェリーさんに演奏のヒミツを教わって、一緒にステージに立ってみよう!

 キッズ サポーター 募集

「ピアニカの魔術師」コンサートで、エイブルスタッフと一緒にコンサートのお手伝いをしてくれる小学生を募集します!

≫ 続きを読む

エイブル事業 2019/07/19エイブル

21日の「なつかしの映画上映会」は中止します。大雨(土砂災害、浸水害),洪水警報 雷,強風注意報 発令のためです。

21日の「なつかしの映画上映会」は中止します。大雨(土砂災害、浸水害),洪水警報 ,雷強風注意報 発令のためです。

大雨(土砂災害、浸水害),洪水警報, 雷強風注意報 発令のため、21日の「なつかしの映画上映会」は中止いたします。

楽しみにされていた方、申し訳ありません。上映延期はございません。

皆様安全を優先した行動を心掛けてください。

前売り券の払い戻しをご希望の方は、8月31日まで払い戻し対応いたします。

払い戻し場所はエイブル2階事務局窓口のみになります。ご注意ください。

第4回えいぶる事業

『なつかしの映画上映会』 ~サスペンス特集~

日 時/7月20日(土)・21日(日) 開場 9:10分(両日共)

場 所/エイブルホール 《全席自由》

料 金/

    1 日 券

     大人(一般) 500円

     大人(会員)・高校生以下 300円

    2日通し券

     大人(一般) 800円

     大人(会員)・高校生以下 400円

    6月15日(土)発売

プレイガイド/エイブル2階、ピオ、ララベル、ゆめタウン武雄、

    有明スカイパークふれあい郷

    嬉野市社会文化会館 「リバティ」

主 催:一般財団法人 鹿島市民立生涯学習・文化振興財団

    /文化庁/国立映画アーカイブ

特別協賛:木下グループ

協 力:株式会社 オーエムシー

後 援:鹿島市、鹿島市教育委員会、佐賀新聞社、株式会社ネット鹿島(順不同)

≫ 続きを読む

エイブル事業 2019/07/21エイブル

『アミューズ・クインテット コンサート』終了しました。

『アミューズ・クインテット コンサート』終了しました。

2019年度 第6回えいぶる事業

『アミューズ・クインテット コンサート』終了しました。

木管五重奏 初めての方にもやさしく楽しい トップ奏者によるコンサート!

たくさんのご来場ありがとうございました。

日 時:10月20日(日)開演14時(開場13時30分)

場 所:エイブルホール  全席自由

料 金:大   人(一般):1,000円

     大   人(会員): 500円

     高校生以下(一般): 500円

     高校生以下(会員): 無 料(要整理券

     ※当日各500円増し

     ※本コンサートは(公財)三井住友海上文化財団の助成により低料金に設定しています。

発売日:会員先行:8月24日(土)

      一   般:8月31日(土)

     ※先行販売はエイブル窓口のみ

     ※車イス席あり(事前にお申込みください)

     ※未就学児の入場不可(託児あり 要申込10/3〆切)

     ※前売券が完売の場合、当日券の販売はありません。

≫ 続きを読む

エイブル事業 2019/08/20エイブル

石橋美代子 七宝作品展 ~現代七宝の世界・干潟の譜(うた)~

石橋美代子 七宝作品展 ~現代七宝の世界・干潟の譜(うた)~

石橋美代子 七宝作品展 ~現代七宝の世界・干潟の譜(うた)~

後期展示に変わりました。

[期間] 7月 2日(火)~9月29日(日)

前期: 7月 2日(火) ~8月18日(日)

後期: 8月20日(火)~9月29日(日)

[場所] 鹿島市生涯学習センター・エイブル 2階 床の間コーナー

[主催] 一般財団法人 鹿島市民立生涯学習・文化振興財団

 日展会友である石橋美代子さんの七宝作品を展示します。石橋さんは、太良町生まれで武雄市橘町育ちです。東京で高校教諭として勤務するかたわら、40歳くらいから七宝の制作を始められました。

 また、石橋さんは、えいぶる講座で七宝焼教室の講師を務められました。2013年には床の間コーナーで「石橋美代子 工芸美術七宝展 ~現代七宝の世界~」を開催され、床の間コーナーでの展示は今回が二回目です。

 現在、鹿島市にお住まいで鹿島の自然をモチーフにした作品を制作されています。海と山の豊かな自然に囲まれ、人の心もおおらかな鹿島での暮らしが、創作意欲を掻き立てるそうです。今回は、有明海をテーマにした日展入選の大型平面作品「潮満ちて―」シリーズや楽器シリーズの作品、立体オブジェなどを展示します。

 手芸にとどまらず工芸美術としての現代七宝をお楽しみください。

☆ギャラリートーク終了しました。☆

たくさんのご来場ありがとうございました。

【日時】8月18日(日)10:00~

【場所】エイブル3階 研修室

【演題】輝きと表現の自由を求めて

【講師】石橋美代子さん

≫ 続きを読む

床の間コーナー 2019/08/21エイブル
 |