佐賀県鹿島市の生涯学習センター「エイブル」は、
ホールの貸出し、設備レンタル、イベントなど随時開催している文化施設です。

お知らせ

ホーム > お知らせ

お知らせ

黄金色の山吹~実らぬ花~

黄金色の山吹には、こんな言われがあるとは。

「七重八重、花は咲けども山吹の、実の一つだに無きぞ悲しき」・・・。

黄金色の山吹の花 ~実らぬ花~

名前の由来は、細い枝が風に揺られている様子を、山振(やまふき)といったのが語源だとか。

江戸時代は、山吹のお菓子(お茶)と言えば、菓子箱の底に小判をしのばせる賄賂のことでした。

でも、つい最近の話で、ある県の原発を巡っての時代劇まがいの大判小判を賄賂に使った事件があり、新聞やテレビを賑わせていました。まるで悪徳商人と悪代官の如くで、腹立たしいというか、滑稽というか、もう笑っちゃいますね。

さて、この山吹については、太田道灌のエピソードがあります。

室町時代の若き日の太田道灌が狩りの途中に雨に遭い、蓑(みの)を借りるべく、ある小屋に入ったところ若い女が何も言わず山吹の花一枝を差し出したので道灌は「花が欲しいのではない」と怒って帰宅。

後に、山吹には『七重八重花は咲けども山吹のみのひとつだになきぞ悲しき(兼明親王)』の意が託されていたのだと教えられ無学を恥じ、歌道に精進したという有名な話があります。

つまり、「みのひとつだに」が、「蓑一つだに」と「実の一つだに」を掛けてある和歌だったのです。

実際に、山吹は、一重咲きと、八重咲きがありますが、八重咲の方には本当に実がならないそうです。

山吹には何の罪もありませんが、あこぎな賄賂は、やっぱり実らないのだなあと変に納得してしまいます。 

 

                 エイブルの木4月号「えいぶるからこんにちは」より

                                 館長  永池 守

≫ 続きを読む

館長コラム 2020/02/17エイブル
タグ:お知らせ

2020.3.1『森 麻季 ソプラノ リサイタル』は延期になりました。

『森 麻季 ソプラノ リサイタル』

【重要】令和2年3月1日(日)森麻季ソプラノリサイタル公演の延期について

 令和2年3月1日(日)に開催を予定しておりました、「森麻季 ソプラノ リサイタル」は、新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い、協議の結果、誠に残念ではございますが延期とさせて頂くことになりました。

 公演を楽しみにお待ち頂いておりました皆様にはご迷惑をおかけしますが、感染拡大防止のため、ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 【振替公演】

 日時:令和2年 8月9日(日) 

    開場13:30/ 開演14:00

 場所:鹿島市生涯学習センター エイブルホール

〈チケットについて〉

 振替公演につきましては、延期となった当該公演のチケットにて、そのままご入場いただけます。(座席番号は変わりません)

※チケットはなくさないよう大切に保管していただきますようお願いいたします。

〈払い戻しについて〉

 振替公演に都合がつかないお客様は、下記のとおり払い戻しを承りますので、チケットをご持参いただき手続きをお願いします。

※払い戻しには必ずチケットが必要となりますので紛失しないよう大切に保管してください。

《払戻期間》 令和2年3月3日(火)~ 4月28日(火)

《払戻方法》 お手元のチケットと交換

《払戻場所》 鹿島市生涯学習センター・エイブル 2階

※エイブル以外のプレイガイドでは、払い戻しはできません。

※払戻期間を過ぎての対応は致しかねますのでご了承ください。

※なお、市外遠方のお客様でエイブルへの来館が困難な方は、現金書留にてご返金いたしますので、下記の要領でお手続きくださいますようお願いいたします。お客様に返金が到着するまでチケット到着から2~3週間程度を要する予定です。
現金書留で返金希望の方

 公演チケットと下記必要事項を記入したものを簡易書留にてお送り下さい。(返送代は一旦ご負担いただき、チケット代金と一緒に返金します。)

《払戻期間》令和2年3月3日(火)~ 4月18日(土)

※チケット送付期限 4月18日(土) 消印有効

※窓口での払戻期間とは異なりますのでご注意ください。

<ご送付いただくもの>

1.チケット

2.以下の項目を明記したメモ (必須)

  ・チケットご購入のお客様名

  ・送付先ご住所

  ・連絡が可能な電話番号

  ・チケット返送枚数

<チケット送付先>

 〒849-1312 佐賀県鹿島市大字納富分2700-1

 鹿島市生涯学習センター・エイブル2階

 エイブル事務局

 「森 麻季 ソプラノ リサイタル」 払戻 係

2019年度 第11回えいぶる事業 『森 麻季 ソプラノ リサイタル』

美しき歌姫 心に沁みる 愛の歌。

人気実力ともに日本を代表するソプラノ、森麻季。

その艶やかな歌声でお送りする、

美しい歌曲の数々をお楽しみください。

出 演:森麻季(ソプラノ) 山岸茂人(ピアノ)

プログラム:

 ・花は咲く / 菅野よう子

 ・からたちの花 / 山田耕筰

 ・Stand Alone ~ NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」メインテーマ / 久石 譲

 ・アヴェ・マリア/ シューベルト  ほか

 ※曲目は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

日 時:令和2年3月1日(日) 開演14時(開場13時30分)

    ※令和2年8月9日(日)に延期します。

場 所:エイブルホール  全席指定

料 金:大   人 3,000円(会員 2,500円)

     高校生以下 1,500円(会員 1,000円)

     ※当日各500円増し

発売日:エイブル倶楽部会員先行:1月11日(土) ※先行販売はエイブル窓口のみ

      一    般:1月18日(土)

     ※前売券が完売の場合、当日券の販売はありません。

     ※車いす席あり(事前にお申込みください)

     ※未就学児の入場不可(託児あり、要申込 2/14〆切)

プレイガイド:鹿島市生涯学習センター・エイブル、ピオ、ララベル

     ゆめタウン武雄、有明スカイパークふれあい郷

     嬉野市社会文化会館「リバティ」、佐賀市文化会館

≫ 続きを読む

エイブル事業 2020/02/28エイブル

かしま再発見 ~浜編~ 第3期

かしま再発見 ~浜編~ 第3期

 [期間] 令和2年1月4日(土) ~ 3月29日(日)

 1~3月の床の間コーナーは、鹿島の6地区ごとにその歴史・文化・人物等を紹介する「かしま再発見」展の第4回目として、浜地区の展示を行います。

 浜地区は、多良岳山麓・有明海・佐賀平野が交わる結節として、古来より人々や情報・モノが活発に往来する一大拠点として栄えました。地区内には、多良岳から流れ下る浜川と目前に広がる有明海がもたらす豊かな恵みがあり、また藩主や文人が往来した多良海道が通り、休息所として浜宿が栄えました。

 第3期は、鹿島市出身の著名な作家たちによって描かれた《浜の風景画》を展示します。今では見ることのできない、昭和の懐かしい浜町の風景をご覧ください。

 あわせて浜探訪マップも作成しております。マップ片手に、浜を再発見してみてください。

第1期 1月4日(土)~1月26日(日)  終了しました。

 

第2期 1月28日(火)~3月1日(日) 終了しました。

 

第3期 3月3日(火)~3月29日(日) 展示中です。

 

第3期展示 3月3日(火)~3月29日(日)

≫ 続きを読む

床の間コーナー 2020/03/04エイブル

山吹~実らぬ花~

山吹は、古い時代から、大判小判の色になぞらえて賄賂に例えていました。

 

黄金色の山吹 ~実らぬ花~

山吹は春の季語で、名前の由来は、細い枝が風に揺られている様子を、山振(やまふき)といったのが語源だとか。

江戸時代は、山吹のお菓子(お茶)と言えば、菓子箱の底に小判をしのばせる賄賂のことでした。

しかし、つい最近の話で、ある県の原発を巡っての時代劇まがいの大判小判を賄賂に使った事件があり、新聞やテレビを賑わせていました。まるで悪徳商人と悪代官の如くで、腹立たしいというか、滑稽というか、もう笑っちゃいますね。

さて、この山吹については、室町時代後期の武将太田道灌のエピソードがあります。

若き日の太田道灌が狩りの途中に雨に遭い、蓑(みの)を借りるべく、ある小屋に入ったところ若い娘が何も言わず山吹の花一枝を差し出したので道灌は「花が欲しいのではない」と怒って帰宅。

後に、山吹には『七重八重花は咲けども山吹のみのひとつだになきぞ悲しき(兼明親王)』の意が託されていたのだと教えられ無学を恥じ、歌道に精進したという有名な話があります。

つまり、「みのひとつだに」が、「蓑一つだに」と「実の一つだに」を掛けてある和歌だったのです。

 

実際に、事典で調べてみると、山吹は、一重咲きと、八重咲きがあり、八重咲の方には本当に実がならないそうです。

実らぬ花とは、いと悲しき!

                    エイブルの木4月号「エイブルからこんにちは」

                                   館長 永池 守

≫ 続きを読む

館長コラム 2020/03/11エイブル
タグ:お知らせ

五月蠅

五月蠅と書いて「うるさい」まさに素晴らしい当て字だ。

五月蠅

 この字を当てて、「ウルサイ」と読ませるのには、大賛成である。蠅にとっては大迷惑かもしれないが・・・。

 いよいよ、このハエが所かまわず、飛び回る季節になってきた。

平気で人の顔にも止まる。それも濡れたものの上に止まっていた足で人様の顔に、無礼にも止まる。

とにかく活動が盛んになる五月のころの蠅は数も多くなり、動きも活発で、うるさいことこの上ない。まさに五月蠅のだ。

昭和五〇年代のある学校に勤めていたころ、蠅があまりに多いので、夏でも窓を閉めて給食を食べていた思い出がある。

しかし、教員にとっては、給食時間は、稼ぎ時。宿題やテストの採点、作文、漢字帳点検と蠅のことなど考える暇はない。窓を閉めては、汗でプリントが腕にくっつくので、ずっと閉めるわけにもいかない。

子どもたちの中には、何回かは追い払うが、蠅が食器に付こうがパンに付こうが、食べるほうが先になっていた。速く食べてしまって、遊びたい一心だったのだろう。

古くは「五月蠅」と書いて「サバエ」と読んだ。「さばえなすさわぐ舎人(トネリ)」(万葉集)とあるように「騒ぐ」のまくらことばとして使われていた。

まさに五月の蠅は古くからウルサイ騒がしいの代表だったようだ

                     エイブルの木5月号「エイブルからこんにちは」

                                 館長  永池 守

≫ 続きを読む

館長コラム 2020/03/17エイブル
タグ:お知らせ

ふ・る・さ・と

「ふるさと」は、心にどのように刻み込まれるのだろうか。

ふ・る・さ・と

道端の田んぼに、わずかに咲くレンゲ草を見て、♬「ひいらいた/ひいらいた/レンゲの花が/ひいらいた」と歌っていたころを思い出した。(恥ずかしいことに、この歌のレンゲの花は、蓮の花の蓮華と最近になって知った。レンゲ草は開いたり閉じたりしないのに!)  

あのころ、紅色のカーペットを敷きつめたように咲いていたレンゲ草を思い出す。

そこでは、女の子は、そのレンゲ草で首飾りや頭飾りを編むために、たくさんのレンゲ草を摘んでいたし、男の子は、手打ち野球といって、フワフワのボールを手で打って、走り、守ってその紅色のカーペットを踏みつけ夢中になって遊んでいた。

遊ぶ人数も多く、ゲームができた。田んぼは、遊び場だったのだ。

しかし、最近は、このレンゲ草もあまり見なくなったし、子どもも居なくなった。野山から、子どもがいなくなって久しい。

「ふるさと」とは、自分の足で踏みしめた大地ではないだろうか。自分の足で歩き、走り、動いて広げた、実感のある空間ではないだろうか。その意味からすると、今の子どもたちの「ふるさと」とは、どのような実感を持つのだろうか。

「うさぎ追いしかの山、こぶな釣りしかの川」のような実感は、無いのかもしれない。 

理屈でもなく仮想空間(バーチャル)でもない、生の実感がないと「ふるさと」が、ぼやける。 

                    エイブルの木6月号「エイブルからこんにちは」

                                  館長  永池 守

 

≫ 続きを読む

館長コラム 2020/03/17エイブル
タグ:お知らせ

かしま再発見 ~浜編~ 第3期 後半

かしま再発見 ~浜編~ 第3期 後半

 [期間] 令和2年1月4日(土) ~ 3月29日(日)

 1~3月の床の間コーナーは、鹿島の6地区ごとにその歴史・文化・人物等を紹介する「かしま再発見」展の第4回目として、浜地区の展示を行います。

 浜地区は、多良岳山麓・有明海・佐賀平野が交わる結節として、古来より人々や情報・モノが活発に往来する一大拠点として栄えました。地区内には、多良岳から流れ下る浜川と目前に広がる有明海がもたらす豊かな恵みがあり、また藩主や文人が往来した多良海道が通り、休息所として浜宿が栄えました。

 第3期は、鹿島市出身の著名な作家たちによって描かれた《浜の風景画》を展示します。今では見ることのできない、昭和の懐かしい浜町の風景をご覧ください。

 あわせて浜探訪マップも作成しております。マップ片手に、浜を再発見してみてください。

第1期 1月4日(土)~1月26日(日)  終了しました。

 

第2期 1月28日(火)~3月1日(日) 終了しました。

 

第3期 3月3日(火)~3月29日(日) 展示中です。

※3月17日から納富進 作品は、「船津」から「浜川」に展示替えしました。

第3期展示 3月3日(火)~3月29日(日)

≫ 続きを読む

床の間コーナー 2020/03/17エイブル

レンタサイクル “HELLO CYCLING” を試験的に設置しています。

レンタサイクル “HELLO CYCLING” を試験的に設置しています。

鹿島市内5カ所にレンタサイクル “HELLO CYCLING” を試験的に設置することになりました。自転車で市内の観光地を巡るときなどにお気軽にご利用ください。

“HELLO CYCLING” は、会員のご登録をすると全国で利用できるシェアサイクリングサービスです。街乗りから観光までさまざまなシーンでご利用いただけます。

スマホで簡単にサイトからお近くの自転車を検索、予約できます。返却は “HELLO CYCLING” のステーションであれば、借りた場所でなくてもどこでも返せます。

詳細はwebページ【http://www.hellocycling.jp/】をご覧ください。

利用方法

初回は会員登録が必要です。登録は右のQRコードの読み取り、又はURL【http://www.hellocycling.jp/app/login】にアクセスして、webページより会員登録してください。他にHELLOCYCLING(ハローサイクリング)を検索し、アプリをダウンロード後に会員登録をすることもできます。

利用料金

15分/70円です。12時間最大料金/1,000円になります。

(150分以上ご利用の方は最大料金となります。)

鹿島市内ステーション

1.肥前鹿島駅 2.肥前浜駅

3. 生涯学習センター・エイブル

4.祐徳稲荷神社バス停 5. 道の駅 鹿島

■その他詳細はwebページ【http://www.hellocycling.jp/

をご覧ください。サービスに関するお問い合わせは下記へどうぞ。

電話: 044-385-9048(受付時間:24時間)

MAIL: info@hellocycling.jp

≫ 続きを読む

新着情報 2020/03/21エイブル
タグ:お知らせ

2020.5.9~「第18回 エイブル祭り」を中止します。

2020.5.9~「第18回 エイブル祭り」を中止します。

令和 2年 3月 29日

エイブル館長 永池 守

「第18回 エイブル祭り」 の開催見合わせについて(お知らせ)

 日頃より、鹿島市生涯学習センター・エイブルの活動に深いご理解と温かいご支援を賜り、心よりお礼申し上げます。

 さて、報道でもありますように、新型コロナウイルス感染症は国内においても感染者が増加傾向にあり、鹿島市より以下の状況に該当するケースのイベント活動の自粛要請が出されています。

 

 ・不特定多数が参加する場合

 ・高齢者が多数参加する場合

 ・濃厚接触がある場合

 ・飲食を伴う場合

 ・屋内行事の場合

 

 つきましては、感染拡大防止の一環として「第18回エイブル祭り」の開催を見送らせていただくことに決定しました。当財団としましては、今年も開催すべく準備を進めて参りましたが、ホールなど閉鎖空間で人の密集度も高く、参加の皆様やお客様にとって安全・安心な状態での開催が難しいと判断し、中止という苦渋の決断をいたしました。参加団体様や市民の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

≫ 続きを読む

エイブル事業 2020/03/28エイブル
タグ:お知らせ

鹿島市民図書館 パート職員募集のお知らせ

一般財団法人 鹿島市民立生涯学習・文化振興財団では、鹿島市民図書館のパート職員を募集します。

(一財)鹿島市民立生涯学習・文化振興団では、図書館 パート職員を募集します。

【職 種】 パート職員 1名(兼職可)

詳細は下の「鹿島市民図書館 パート職員採用試験実施要領」をダウンロードしてご覧ください。

鹿島市民図書館ホームページ

【応募・問合先】

 (一財)鹿島市民立生涯学習・文化振興財団

(鹿島市生涯学習センター・エイブル2階)

〒849-1312佐賀県鹿島市大字納富分2700-1

担当:藤井

TEL(0954)63-2138 FAX(0954)63-3424

E-mail able1@po.asunet.ne.jpHP

≫ 続きを読む

新着情報 2020/04/14エイブル
 |