佐賀県鹿島市の生涯学習センター「エイブル」は、
ホールの貸出し、設備レンタル、イベントなど随時開催している文化施設です。

お知らせ

ホーム > お知らせ

お知らせ

「おうちミュージアム」かしまのたからもの!ぬりえ

「おうちミュージアム」かしまのたからもの!ぬりえ

「おうちでミュージアムをたのしもう」という北海道博物館の趣旨に賛同し、エイブルでも「おうちミュージアム」を実施します。

「ふるさとの文化財展」令和2年4月1日(水) ~ 6月28日(日)

◆鹿島市の文化財をぬりえにした、「かしまのたからもの!ぬりえ」を作りました。下記PDFをダウンロードして色を塗ってくださいね。館内でも配布しています。本物も見に来てくださいね。

詳しくははこちら。「ふるさとの文化財展」後期展示

「かしまのたからもの!ぬりえ」を追加しました。

◆有明海に現れたという「アマビエ」のぬりえを追加しました。

≫ Read More

床の間コーナー 2020/05/26エイブル

ふるさとの文化財展〈エイブル・鹿島市役所生涯学習課連携〉後期展示

ふるさとの文化財展〈エイブル・鹿島市役所生涯学習課連携〉後期展示

 [期間] 令和2年4月1日(水) ~ 6月28日(日)

 4~6月の床の間コーナーは、鹿島市内にある指定文化財を展示します。鹿島市には、貴重な文化財が数多くあり、今回は二期に分けて紹介します。

 後期は、救世(くせ)神社の石造狛犬や七浦・龍宿浦(やのうら)地区の面浮立の古面、佐賀県の重要文化財の刀などを展示します。今回初めて展示する鹿島城赤門の「棟札」は、昭和15年の塗り替え工事の際に偶然発見されました。赤門は、鹿島城が落成して一年後の文化5年(1808)に建立されたことが分かります。この棟札の発見をきっかけに、当時の鹿島高校では「赤門祭」が開催されるようになりました。

 なかなか見る機会が少ない、貴重な文化財資料の数々です。この機会にぜひ、ご覧ください。

前期:4月1日(水)~ 5月17日(日)

 

後期展示:5月27日(水)~ 6月28日(日)

上の3つをぬりえにした、⇒ 「かしまのたからもの!ぬりえ」を作りました。

PDFをダウンロードして色を塗ってくださいね。館内でも配布しています。

≫ Read More

床の間コーナー 2020/05/28エイブル

6月からの感染予防対策(鹿島市の対応に準じる)

6月1日から鹿島市の新しい感染予防対策について変更されました。

≫ Read More

新着情報 2020/05/31エイブル
タグ:お知らせ

憎たらしきもの

憎たらしきもの~夏になるとどこからともなくブーンと羽音を立ててやってくる蚊

憎たらしきもの

「ブーン」という羽音を立て近づいてくる。うとうとしていると、網戸をしているのに、どこからともなくやって来て、耳に羽音が飛び込んでくる。

眠気眼で、耳元付近の蚊を追い払うために手でピシャリと叩く。

またしばらくすると、「ブーン」という羽音。あー、またかと思い同じ仕草でピシャリ。

ボーッとしては蚊が取れるはずもなく横っ面を叩くだけ。

憎たらしきことこの上もない。

清少納言も憎たらしきものの一つに挙げているのが「蚊」である。

枕草子には、『ねぶたしと思ひて臥したるに、蚊の細声にわびしげに名のりて、顔のほどに飛びありく。羽風さへ、その身のほどにあるこそ、いとにくけれ。』と。誰しも同じ経験があるのではないだろうか。

さて、この蚊は、どこから湧いて出てくるのかは、今では、誰でもよく知っている。水たまりに蚊が卵を産み付け、ボウフラとなり、それが蚊となって湧いて出てくるということを。

しかし、平安時代は、どこかに蚊母鳥(ぶんぼちょう)という鳥がいて、それが口から蚊をまき散らすと考えていたようだ。

そして、「ブーン」という羽音を表すために、「蚊」という漢字には、「文(ぶん)」という字が使われている。

白川静の『常用字解』によると、羽音から作られた漢字(形声文字)で、「文」が付いたことが面白い。

                                                                              エイブルの木5月号「エイブルからこんにちは」

                                                 館長  永池 守

                    

 

≫ Read More

館長コラム 2020/06/19エイブル
タグ:お知らせ

杉光政実作品展 ~響きあう色彩~ 前期展示

杉光政実作品展 ~響きあう色彩~ 前期展示

 [期間] 令和2年6月30日(火)~ 10月4日(日)

 床の間コーナーでは、嬉野市塩田町生まれで鹿島美術人協会所属の画家・杉光政実さんの作品を展示しています。

 杉光さんは、鹿島高校在学中、大学受験のために金子剛さん、杉光定さんに指導を受けられました。佐賀大学特別教員養成課程卒業後は県内の高校で教鞭をとられ、現在は佐賀県教育庁に勤務されています。

 また、行動美術協会に所属され、作品制作にも励まれています。

 昨年は、行動美術協会が主催する公募展「第74回行動展」で、『モリーノ1』という作品が最高賞の行動美術賞に次ぐ会友賞に輝きました。杉光さんは、同展の会友を経て、行動美術協会会員に推挙されました。東京都美術館で令和2年2月から3月にかけて行われた第1回行動美術受賞作家選抜展でも展示されました。

 前期は、「風の下で」(2017)などを展示しています。ぜひ、ご鑑賞ください。

前期:6月30日(火)~ 8月1日(土)
後期:8月4日(火)~ 10月4日(日)

 

前期展示:6月30日(火)~ 8月1日(土)

☆ ギャラリートークを開催します☆

日時:9月20日(日)10時~11時30分 

場所:エイブル3階 研修室

講師:杉光 政実さん

作品制作に関するお話をしていただきます。

≫ Read More

床の間コーナー 2020/07/02エイブル

終了しました。『避難訓練コンサート』

終了しました。令和2年度 第1回えいぶる事業『避難訓練コンサート』

令和2年度 第1回えいぶる事業『避難訓練コンサート』終了しました。

台風が近づく中、県内でも初の試みでしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を施した上で、無事終了することができました。

ご協力いただいた、出演者、お客さま、ボランティア、日本赤十字社、鹿島市消防署の皆さまに厚く御礼申し上げます。

《避難訓練コンサート》とは、「もし公演中に災害が発生したら」という想定で、お客さまにも避難訓練に参加していただくコンサートです。

日本赤十字社の講師による防災セミナーの後、訓練を実施。終了後は最後まで演奏をお楽しみいただきます。

演奏は、佐賀市を拠点とする「アルモニア管弦楽団」のメンバーからなる弦楽四重奏です。

日 時:9月5日(土)開演14時(開場13時)

場 所:エイブルホール

 

佐藤 洋平 Youhei Satoh

日本赤十字社 佐賀県支部 事業推進課 事業推進係長。

平成28年4月「熊本地震」では、益城町などへ2度派遣され、避難所や災害対策本部等で救護活動を行う。

平成30年7月「西日本豪雨」では、広島県坂町へ1週間派遣され、避難所で救護活動を行う。

令和元年8月「佐賀豪雨」では、日赤の災害対策本部の一員として、医療救護班の派遣調整や救援物資の配送調整など本部運営を担当。
アルモニア管弦楽団
2002年に生まれた、佐賀県で活動をしているオーケストラ。北部九州5県から集まった優秀なアマチュアと、プロの音楽家で構成されています。「アルモニア」とはイタリア語で「調和」「統一」を意味します。
プログラム

①開演:挨拶・コンサートの説明

②防災セミナー

『自分のいのちは、自分で守る』

~災害への備えは、できていますか?~

 講師:日本赤十字社 佐藤 洋平

③アルモニア管弦楽団による演奏

④≪演奏中に地震・火災発生≫

~コンサート中断~

⑤避難

⑥休憩

⑦講評

⑧コンサート再開

16時10分     終演予定
予定曲目

•バッハ作曲 管弦楽組曲第3番よりアリア、ガヴォット

•ドボルジャーク作曲 ユーモレスク

•スタジオジブリ「となりのトトロ」より …ほか

※曲目は変更になる場合があります。予めご了承ください。
★新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下のご協力をお願いします。

・整理券と一緒に日本赤十字社による健康チェック表をお渡しします。またお名前と緊急連絡先を控えさせていただきます。

・チェック項目はチラシ裏、または下記ホームページをご覧ください。

・健康チェック表は入場時、整理券と共に受付に提出してください。

 全ての項目をクリアしないとご入場になれませんので、ご理解ください。

・お名前と緊急連絡先は、来場者から感染者が発生した場合、必要に応じて保健所などの公的機関へ情報提供させていただきます。

・警報発令や新型コロナウイルス感染拡大状況によってやむを得ず公演を中止または延期する場合がありますので、予めご了承ください。

・公演中止または延期の際は、緊急連絡先へのご連絡、ホームページなどでお知らせします。

公益社団法人全国公立文化施設協会「劇場、音楽堂等における新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」及び日本赤十字社の「赤十字講習・防災セミナー開催における留意事項」に基づく対応

◆お客さまへご協力のお願い

●社会的距離の確保、咳エチケットの徹底

●日本赤十字社の健康チェック表の記入・提出(チェック項目は下記の通り)

・以下の症状が無いこと/①⿐汁・⿐閉、②咽頭痛、③咳、④呼吸困難、⑤全⾝倦怠感、⑥味覚・嗅覚障害、⑦頭痛、⑧嘔気・嘔吐、⑨下痢、

・以下の条件を満たしていること/①体温測定の結果37.0度以下であること、②手指消毒、③マスク着用

 

当館の取り組み

●来場時に非接触型体温計での検温をさせていただきます。

●施設内の座席やひじ掛け、手すり等不特定多数が触れやすい場所の消毒、室内の換気を行っております。

●お客様と接するスタッフは、マスクを着用して対応させていただきます。

●館内窓口やホール入り口に消毒用アルコールを設置しております。ご利用ください。

≫ Read More

エイブル事業 2020/07/19エイブル

一番通夜(とおや)と夏休み

鹿島市の琴路神社の夏祭り「一番通夜」が学校の夏休み最後の夜に行われている。子どもにとっては楽しくもあり、明日は学校という現実感で・・・。

一番通夜(とおや)と夏休み

 毎年八月三十一日、琴路神社で行われる夏祭り。

台風除けと豊作を祈願して、立春から二百十日の前夜に行われる。これを「一番通夜」と呼び、以降二百二十日を「二番通夜」、二百三十日を「三番通夜」として合計三回繰り返される。

地域の人々が順番に琴路神社に集まり、それぞれの地区に伝わる笛や太鼓・鉦などの浮立が披露される。浮立が夜を通して奉納されることから通夜と名がついた。

毎年八月の夜には、浮立の音が遠くから響いてきて、練習にいよいよ熱が入ってきたなと感じる。

子どもの頃の通夜は、夜でも遊べ、人も賑わい、提灯もちの小銭で露店での「くじ引き」など楽しいことがいっぱいあった。

よく覚えているのが「スルメとり」、スマートボールみたいなビー玉をバネで弾いて穴に入れると竹串のスルメが一本とか二本とか、一番多く取れる穴は一〇本がもらえた。

ある時、偶然にも五本がもらえる穴にビー玉が入った。「やったーおんちゃん!五本当たったー」と大声を上げ、自慢げにたいらげた。五本分のスルメのタレで、口の周りは真っ黒け。

でも一番通夜の帰り道は祭りの後の寂しさと明日からは学校という現実感でいつも気は重かった。

                   エイブルの木8月号「エイブルからこんにちは」

                               館長  永池 守

≫ Read More

館長コラム 2020/07/21エイブル
タグ:お知らせ

杉光政実作品展 ~響きあう色彩~ 後期展示

杉光政実作品展 ~響きあう色彩~ 後期展示

 [期間] 令和2年6月30日(火)~ 10月4日(日)

 床の間コーナーでは、嬉野市塩田町生まれで鹿島美術人協会所属の画家・杉光政実さんの作品を展示しています。

 杉光さんは、鹿島高校在学中、大学受験のために金子剛さん、杉光定さんに指導を受けられました。佐賀大学特別教員養成課程卒業後は県内の高校で教鞭をとられ、現在は佐賀県教育庁に勤務されています。

 また、行動美術協会に所属され、作品制作にも励まれています。

 昨年は、行動美術協会が主催する公募展「第74回行動展」で、『モリーノ1』という作品が最高賞の行動美術賞に次ぐ会友賞に輝きました。杉光さんは、同展の会友を経て、行動美術協会会員に推挙されました。東京都美術館で令和2年2月から3月にかけて行われた第1回行動美術受賞作家選抜展でも展示されました。

 後期は、その『モリーノ1』を展示します。題名の「モリーノ」とは、スペイン語で「風車」を表す言葉です。観覧車をモチーフに描かれています。ぜひ、ご鑑賞ください。

前期:6月30日(火)~ 8月1日(土)
後期:8月4日(火)~ 10月4日(日)

 

後期展示:8月4日(火)~ 10月4日(日)

☆ ギャラリートークを開催します☆

日時:9月20日(日)10時~11時30分 

場所:エイブル3階 研修室

講師:杉光 政実さん

作品制作に関するお話をしていただきます。

※申込みは不要ですが、先着30人までとさせていただいます。

≫ Read More

床の間コーナー 2020/08/07エイブル

ヨシレンナカ

「ヨシレンナカ」鹿島の古い方言。小さい頃はこの言葉でよく叱られた。

ヨシレンナカ!

私は、母から「ヨシレンナカことばっかいすっ。」と言って、よくしかられた。

物を壊したり人を泣かせたりケガさせたりするものだから、ほとほと困っていたのだろう。

ある時、祖母からは、耳を引っ張られて、近くの相手のうちまで連れていかれ、お詫びを言わされたこともあった。バット代わりに使っていた棒の端が、後ろにいたキャチャーの頭をかすって、頭から血が出てしまったのだ。

悪気はなかったのだが、つい夢中になって、失敗をしてしまうのだった。その時も、祖母からは「ヨシレンナカことばっかい、えってさりーて、して。ふうけもんが」と、ひどく叱られた。

あの頃は、この「ヨシレンナカ」は、何なのか、ずっと気になっていた。

最近この言葉が話題になり方言辞書で調べてみると『「得知れぬ」の転訛。「え〜ず」は、古語の用法で、「え」は、下に否定語を伴い、「〜出来ない」を表す呼応の副詞。「え」と「よ」は相互に使われ、「えしれん」「よしれん」とも言う。』とある。「余計なこと、悪いこと」という意味で、まさに私は、ヨシレンナカ子どもだったようだ。

母が他界して八年「ヨシレンナカコトバッカイ、エッテサリーテシオロ!」と、また叱られそうだ。

                   エイブルの木9月号「エイブルからこんにちは」

                               エイブル館長  永池 守

≫ Read More

館長コラム 2020/08/21エイブル
タグ:お知らせ

終了しました。演劇公演「ウラシマコタロウ」

終了しました。演劇公演「ウラシマコタロウ」

令和2年度 第2回えいぶる事業 演劇公演「ウラシマコタロウ」終了しました。

誰もが親しんできた物語「浦島太郎」を新たに現代版として大胆にアレンジ!

竜宮城、乙姫、玉手箱など元祖浦島の世界に、現代の子どもの日常を融合することで

新たな劇世界を生み出しました。

 

― 少年・浦島小太郎に起こる小学生最後の夏の奇跡 ―

ともだち、学校、いじめ、偏見、家族……彼を取り巻く環境。

そして、一匹のカメとの出会いにより小太郎の運命は大きく変わっていく。

笑いとユーモア、そして現代の子ども達へのメッセージの散りばめられた、

ちょっぴり切なく、そして愛おしくて温かい新ストーリー。

 

あらすじ

とある海辺の田舎町に浦島小太郎という少年がいた。

小太郎は浜辺でポツリと一人、海を眺めている。

そこへ、一風変わった青年が通りがかり嫌がる小太郎にしつこくつきまとう。

すると、亀吉という名のカメが現れ、青年から小太郎を助け出した。

「おい、お互い一人ぼっちだから、友達にならないか?」

亀吉と小太郎は意気投合し、一緒に遊ぶようになる。

しかし、小太郎は一つどうしても気がかりなことがあり、

心の底から楽しむことは出来なかった。

 

親友がいじめにあい、何も言わずにこの町からいなくなったこと…。

 

亀吉はそんな小太郎を元気づけようと、海の中の竜宮城へ連れていく……。

 ウラシマコタロウ 【ダイジェスト(スペシャル参加団体ver)】亀戸公演

サムネイル

日 時/令和2年10月18日(日)

    13:30開演(13:00開場)

会 場/鹿島市生涯学習センター エイブルホール

料 金/大人2,000円(会員1,500円) 高校生以下 500円(会員 無料)

    ※当日各500円増し ※前売券が完売の場合、当日券の販売はありません。

    ※車いす席あり(事前にお申込みください)

発売日:エイブル倶楽部会員先行発売 8月30日(日)~ ※先行販売はエイブル窓口のみ

    一 般 発 売 9月6日(日)~

プレイガイド:鹿島市生涯学習センター・エイブル、ゆめタウン武雄、佐賀市文化会館

主 催/一般財団法人 鹿島市民立生涯学習・文化振興財団

    芸術団体:ジスタ―エンタテインメント

【作・演出】はしもとじろう

【出  演】竹原聖一郎 藤川航 廣瀬響乃 高木宏太 島村苑香 吉田さと

【スタッフ】美術:はじり孝奈 照明:相良浩司 音響:松宮辰太郎 衣装協力:木場絵理香

      映像:中塚健仁 特殊衣装小道具:空間工房タシブトフクシマ 舞台監督:澤麗奈

       企画制作:ジスターエンタテインメント

【協  力】アービング GMBプロダクション obbligato MGS catSSound

 ストーリーを絵本でご紹介!

こちら

★著作権の関係上、絵本データの転用・転載はご遠慮いただいております。ご了承ください。
★内容は実際の舞台とは多少異なる場合もあります。

「新型コロナウイルス感染拡大防止対策」ご協力のお願い

◎新型コロナウイルス感染拡大防止のため、1席ずつ空けてのご着席になります。

◎来場者の中から感染が確認された場合に備え、チケット販売の際に来場者ご本人の連絡先を控えさせていただきます。

◎今後の感染状況によっては、公演を延期又は中止する場合があります。

≫ Read More

エイブル事業 2020/09/04エイブル
 |